俺よ、男前たれ

おもしろきこともなき世をおもしろく

無題

子どもへのプレゼント

(大学時代に聴いたある落語のネタです) ここはセレブのご子息のみが通える有名幼稚園 みな高級ブランドの園児服に身を包み、元気に遊んでおりました。 ある日、砂場にA君、B君、C君、D君、E君が集まり、誕生日にもらったことのあるプレゼントについて自慢…

座り小便よ、さらば・・・

1時間ほど眠ったであろうか。 まるで先ほどの情事がはるか前の出来事のように思える。 実に3ヶ月ぶりのSEXだった。 獣のように吠える女を、健二は激しく後ろから攻めたてた。 そのまま、シャワーも浴びずに寝てしまったのだ。 健二は寝ぼけた頭の中で、…

隣りのセックス中継

M「さあ、突然はじまりました隣り部屋のセックス。今日の解説は私の彼女、Fさんにお願いしております。Fさん、よろしくお願いします。」 F「はい、お願いします。」 M「いや~、それにしても急に始まりましたね」 F「ええ、私も油断しておりました。夕べもし…

アニマル・セックス

F「今日もエッチするニャン」 M「・・・・う、うん」 F「どうしたニャン?元気ないニャン?」 M「ん~~~。そのニャンニャン言葉も最初のうちは萌えたものだが・・・最近、どうも物足りんな~~」 F「ニャニャニャン(怒)!なんだニャン!」 M「いや…

春日部のキャバ嬢

昔々あるところに、祖父は総理大臣、父も政治家という裕福な家庭に育った男がいました。 その男は子どもの時から侍従や家政婦たちに“若(わか)”と呼ばれ、周囲の過剰な愛情の元に何不自由なく育ち、未来の総理大臣になるべく、まっすぐと成長していきました…

彼氏研修最終試験「彼女を見送る」の巻

いよいよジュンの帰国の日。 起夫はジュンを見送るため、ジュンとともに成田エクスプレスに乗り込んでいた。 ジュンが帰国してしまうとはいえ、1ヶ月後のゴールデンウィークには起夫が韓国に遊びに行くことが決まっている上に、二人は既に将来のことも約束し…

彼氏研修その7「両親に紹介する」の巻

(あらすじ:36歳にして初めて彼女ができた起夫は、女性との付き合い方をまるで知らない彼氏童貞。よって経験豊富?な韓国人彼女ジュンを教官と仰ぎ、立派な彼氏になるためのイロハを教わっている。) ジュン「ふ~・・・緊張するなあ・・・。ねえ、髪、変じ…

彼氏研修その6「両親に話す」の巻

その日、起夫は一人、祖母の墓参りに来ていた。 起夫は子どもの頃、その祖母によくかわいがられた。 家に遊びに行くと、よくお小遣いをくれる素敵な祖母であった。 起夫が仕事でベトナムに赴任することが決まった時「向こうは戦争があって危ないから気をつけ…

彼氏研修その4「指輪を買う」の巻

(あらすじ:36歳にして初めて彼女ができた起夫は、女性との付き合い方をまるで知らない彼氏童貞。よって経験豊富?な韓国人彼女ジュンを教官と仰ぎ、立派な彼氏になるためのイロハを教わっている。) ジュン「別に本当に買わなくてもいいんだけど・・・」 …

彼氏研修その5「相手の親に挨拶する」の巻

(あらすじ:36歳にして初めて彼女ができた起夫は、女性との付き合い方をまるで知らない彼氏童貞。よって経験豊富?な韓国人彼女ジュンを教官と仰ぎ、立派な彼氏になるためのイロハを教わっている。) 仕事が終わり、新宿をプラプラしていると、起夫の携帯が…

彼氏研修その3「下着を買いに行く」の巻

(あらすじ:36歳にして初めて彼女ができた起夫は、女性との付き合い方をまるで知らない彼氏童貞。よって経験豊富?な韓国人彼女ジュンを教官と仰ぎ、立派な彼氏になるためのイロハを教わっている。) ジュン「今日の彼氏研修は『パンツを買いに行く』です」…

彼氏研修その2「女性の生理を学ぼう」の巻

(あらすじ:36歳にして初めて彼女ができた起夫は、女性との付き合い方をまるでしらない彼氏童貞。よって経験豊富?な韓国人彼女ジュンを教官と仰ぎ、立派な彼氏になるためのイロハを教わっている。) 起夫「教官、今日もよろしくお願いいたします」 ジュン…

彼氏研修その1「産婦人科へ行って避妊薬をもらおう」の巻

(あらすじ:36歳にして初めて彼女ができた起夫は、女性との付き合い方をまるで知らない彼氏童貞。よって経験豊富な?韓国人彼女ジュンを教官と仰ぎ、立派な彼氏になるためのイロハを教わっている。) ジュン「今日の彼氏研修は”産婦人科に行って避妊薬をも…

ED~心のインポテンツ~

彼女の部屋のシングルベッドで、起夫(たつお)とジュンは眠れぬ夜を過ごしていた。 起夫「・・・・すみませんでした・・・」 起夫は天井をじっと見つめていた。 ジュン「大丈夫です。気にしないでください・・・・」 起夫の腕を枕に、ジュンは小さな声でつ…

最終回?

そして嵐のような1ヶ月半が過ぎ、彼女は帰国してしまった。 36年と10ヶ月にして初めてできた僕の彼女は、まるでろうそくの火が、消える直前に大きく燃え上がるように、帰国直前の1ヶ月半を濃密に燃え上がり、機上の人となった。 これから気の遠くなるような…

プレ最終回

2008年3月12日に最初の記事をUPしてから約2年 今回で739回の記事を数え、訪問者も5万人を超えた。 コメントは100人に一人ぐらいしかもらえなかったけど、それでも友達登録もまったくない中で初めて、少しずつ知り合いも増えていった。 「俺よ男前たれ」と題…

夫婦間ルール

2月14日 世間ではバレンタインデーなどと浮かれるめでたい日のようだが、今年の2月14日は私にとっては実にプレッシャーのかかる日であった。 私には結婚して10年になる妻がいる。 子供がいないせいか、結婚して10年たった今も夫婦仲は良好なほうだと思う。 …

死神の契約

「ふう~、やれやれ」 12年前にボーナスで飼ったヴィトンのバックをベッドの上に放り投げ、理恵は今日も深いため息をついた。 戸田理恵。埼玉県出身の42歳。現在、都内の家賃12万円のアパートに一人で暮らしている。 もう一人暮らしも24年になった。私はこの…

大人のポニョ

G「お願いします。世界は宗介さんにかかっているのです。」 L「は?うちの宗介、まだ5歳ですけど」 G「宗介さんがポニョの身元引受人になっていただければ、世界は安定するのです」 L「ちょい待ち、ちょい待ち!宗介が身元引受人って、ムリでしょう?幼…

突如現れたリビングを走る幽霊に家族がビックリ!

まずは下のページの動画を見てもらいたい。 http://rocketnews24.com/?p=23337 タイトルどおり、家族がテレビを見ていると、リビングの壁から幽霊が現れ、直角に曲がって隣の部屋に消えていく姿が映っている。 家族がビビッて逃げ出す光景が印象的だ。 まあ…

草食系の末の世

美恵「息子さんを、私にください」 和子「お断りします。」 美恵「どうしてですか!私たち、愛し合ってるんです!」 和子「お黙りなさい!何も知らない俊夫さんを垂らし込んで!」 美恵「そんな、垂らしこむなんて・・・。私たちは同じ職場で知り合い、チー…

男同士 その②

A「では、新年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!」 B「はい、今年もよろしく~!」 C「うぃ~っす!」 (柚みつサワー、カシスオレンジ、生ビールの乾杯を交わす、高校時代からの友人3人) A「え~、では早速、今年1回目…

男同士 その①

一般的に、みなさんは忘年会、新年会ってどれくらいあるものなのだろうか。 僕は正社員でない上に、年末に一人で旅行に行ったりしてしまったので、昨年末は忘年会は1回 そして新年会も1回という、なんともお寂しい年末年始を迎えていた。 新年会に集まったメ…

老人と海 その4

老人「いっしょういっしょにいてくれや~、みてくれや才能も全部ふく~めてえ~♪」 (歌いながら古いアパートの階段を昇る老人。そして2階奥の部屋のインターホンを押す) 老人「ポチっとな!(ぴ~んぽ~ん♪)」 女性の声「は~い」 老人「宅急便で~す。…

老人と海 その3

老人「ぐろ~りあ~、あいに~じゅら~ぶ、おま~えの熱いは~とで~♪」 所長「?」 老人「お、ここか、満がおるのは。まったく、父親にわざわざ遊びに来させる息子がどこにおる・・・」 所長「こんにちは。おじいちゃん、お一人?」 老人「ん?また逆ナンか…

猫端会議

クロ「ねえ、みんな。サッカー興味あったっけ?」 シロ「ないね。俺はみんなが興味あるものはみんな嫌いだからね」 ミケ「あんたは性格ねじまがってるからね。ま、あたしもだけど」 クロ「サッカーのワールドカップで、日本がピンチなんだよ。最悪の組に入っ…

老人と海 その2

老人「みゅ~じっくふぉーざぴ~ぽ~ら~びん♪つ~ばさをひ~ろげ~て~♪」 葵「あら?ひーじーちゃん!こんなところで何してんの?」 老人「おやおや。この年になって逆ナンされるとは思わなかった。お嬢さん、ワシに惚れると火傷するよ」 葵「ひーじーちゃ…

老人と海

海「おじいちゃん!死んじゃいや!ねえ!目を開けて!起きてよ!」 老人「・・・・・・・・」 海「ねえ、おじいったら!あたしを一人にしないで!死んじゃいや!死ぬならもっと遺産を残して!」 老人「あ~~起きた起きた・・・」 海「あら、おじい、起きた…

紅白歌合戦2009

http://www.narinari.com/Nd/20091112656.html T「今年の紅白の出場歌手が決まったって!」 M「え?本当?見せて見せて。今年は間違いないわよね」 S「うん、僕も大丈夫だと思う」 N「あたしもね、今年だいぶ歌ったからね。」 M「どれどれ・・・」 ☆紅…

わが家の”事業仕分け”

A「では、今年度の必要経費について説明してください。」 B「え~、昨今の不景気で、ここ数年、事業は停滞しており、有効な手立てが見えない状況です。よって今年度の予算を確保した上で、より有効に活用したいと。」 A「具体的には?」 B「まずはスーツ…